• おすすめ

現在開催中・開催予定の催し物のご案内

価格: ¥0 (税込)
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter

<現在開催中・開催予定の催し物のご案内>

開催中・開催予定の催し物のご案内です。
体調に気をつけて、どうぞお出かけください。

-----

<茨城>

「開館20周年記念事業ー笠間陶芸大賞展」

茨城県陶芸美術館

2021年10月16日(土)から2022年1月16日(日)まで

茨城県笠間市笠間2345番地

Tel:0296-70-0011

観覧料:一般840円/70歳以上420円/高大生630円/小中生320円
*詳細は茨城県陶芸美術館ウェブサイトをご確認ください

開館時間:9:30から17:00まで (入場は16:30まで)

休館日:月曜日(ただし、祝日の場合は開館し翌日休館、8月16日、1月3日は臨時開館)、12月29日~1月1日

茨城県陶芸美術館にて開催される、笠間陶芸大賞展・指名コンペ部門にて、ナガオカケンメイさんに推薦いただき、森正洋デザインのG型しょうゆさし、角型調味料、白磁千段・平皿、M型コーヒーセット、5点コンディメントセット、平形めし茶碗が展示されます。

-----

<東京>

だいどこ道具ツチキリ ほぼ日支店(ネットショップ)

2021年10月から1年間の期間限定

東京吉祥寺・キッチン雑貨のお店「だいどこ道具 ツチキリ」さんのほぼ日支店(ネットショップ)にて、森正洋のユニバーサル多用深皿21cm、19cm、16.5cmを「毎日のちょうどよいお皿」大・中・小として、販売していただいています。製品名とは別に「毎日のちょうどよいお皿」という愛称がつくことで、より愛着が湧くような感じがします。

-----

柳宗悦没後60年記念展「民藝の100年」」特設ショップ

東京国立近代美術館

2021年10月26日(火)から2022年2月13日(日)まで

東京国立近代美術館にて行われる企画展「民藝の100年」の特設ショップに出店するD&DEPARTMENTにて、森正洋のG型しょうゆさし、平形めし茶碗、ベーシックシリーズを取り扱いしていただいています。詳細は「柳宗悦没後60年記念展「民藝の100年」」ウェブサイトにてご確認ください。

-----

<神奈川>

「戦後デザイン運動の原点 デザインコミッティーの人々とその軌跡」

川崎市岡本太郎美術館

2021年10月23日(土)から2022年1月16日(日)まで

神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-5 生田緑地内

Tel:044-900-9898

観覧料:一般1,000円、高・大学生・65歳以上800円、中学生以下は無料
*詳細は川崎市岡本太郎美術館ウェブサイトをご確認ください

開館時間:9:30から17:00まで (入館は16:30まで)

休館日:月曜日(1月10日を除く)、11月4日(木)、11月24日(水)、12月29日(水)~1月3日(月)、1月11日(火)

今も松屋銀座を中心に活動を行う「国際デザインコミッティー」(現・日本デザインコミッティ-)の活動の歴史と創立メンバーらの交流、そこから生まれたコラボレーションを紹介する展覧会です。日本デザインコミッティ-との関わりが深いプロダクトのひとつとして、森正洋のG型しょうゆさしが展示されます。また、ミュージアムショップではG型しょうゆさしその他の販売も行われます。

-----

デザインモリコネクションについて

デザインモリコネクション有限会社は、2001年4月11日、森正洋・中山廣文・小田寛孝により設立されました。みなさまに陶磁器デザイナー・森正洋のデザインした製品を長く使い続けていただけるよう、活動しています。

私たちの目的は、森正洋のデザインに関わるすべての人の幸せを実現することです。

主な活動としては製品の卸売と小売ですが、今後は活動の幅を拡げていければと考えています。

森正洋の平形めし茶碗

平形めし茶碗
1992年発表以来多くの方々に愛用いただいているこのお茶碗をたくさんの種類の中からお選びいただけます。


下記のリンクからどうぞ。

いろいろな茶器・ゆのみ類

いろいろな急須・宝瓶・ポット・ゆのみ・煎茶

森正洋のデザインによる、いろいろな急須・宝瓶・ポット・ゆのみ・煎茶です。


下記のリンクからどうぞ

いろいろな茶器・ゆのみ類

ブルームシリーズ

ブルームシリーズ

ひとつひとつ手描きの鮮やかなブルーの花柄を配した器です。


下記のリンクからどうぞ

ブルームシリーズ

.net-shopカレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • キャンペーン期間中

ページトップへ